lnternational Conference
H. Kobayashi,K. Hiramatsu:"Development of Muscle Suit for Upper Limb" The 2004 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA)Apr.27-May.2 The New Orleans,U.S.A, Proceedings of the 2004 IEEE International Conference on Robotics & Automation, pp.2480-2485,(2004-4)
H. Kobayashi, Y. Ishida, H. Suzuki:"Realization of All Motion for the Upper Limb by a Muscle Suit" RO-MAN 2004 13th IEEE International Workshop on Robot and Human Interactive Communication Sep.20-22 Kurasiki,Okayama,Japan, pp..631-pp..636,(2004-9)
H. Kobayashi:"Development of a Muscle Suit for Realizing All Motion of the Upper Limb" 2004 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS)Sep.28-Oct.2 Sendai,Japan, pp.1630-1635,(2004-10)
H. Kobayashi,Mitsuhiro Koseki:"A New Differential Gear Mechanism" 2004 1st IEEE Technical Exhibition Based Conference on Robotics and Automation Nov.18-19 TEPIA Minato-ku,Tokyo Japan, pp.25-26,(2004-11)
Takuya Hashimoto,Masaru Sennda,Hiroshi Kobayashi:"Realization of Realistic and Rich Facial Expressions by Face Robot" 2004 1st IEEE Technical Exhibition Based Conference on Robotics and Automation Nov.18-19 TEPIA Minato-ku,Tokyo Japan, pp.37-38,(2004-11)
Hiroshi Kobayashi,Hidetoshi Suzuki,Tetsuya Hayashi:"A Muscle Suit for Muscular Support -Realization of All Motion for Upper Limb-" 2004 1st IEEE Technical Exhibition Based Conference on Robotics and Automation Nov.18-19 TEPIA Minato-ku,Tokyo Japan, pp.57-58,(2004-11)

 

Award:受賞・受給
財団法人立石科学技術振興財団 第15回助成金
独立行政法人 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 個人型研究
独立行政法人新エネルギー 産業技術総合開発機構 平成16年度 21世紀ロボットチャレンジプログラム 次世代ロボット実用 化プロジェクト
2004.9.28(火) 〜 9.30(木) イノベーション・ジャパン で 「受付ロボット SAYA」が「UBS イノベーションアワード 特別賞」を受賞しました

 

Journal & Book
椎葉 太一, 榎本 知直, 衣笠 健, 小林 宏: "操舵系の座標情報に基づいた自動車の操舵反力モデル",日本機械学会論文集, C編 70巻 693号, pp. 1449-1455(2004-05)
Hiroshi KOBAYASH, Akitaka UCHIMURA, Yujiro ISHIDA, Taichi SHIIBA, Kazuaki HIRAMATSU, Makoto KONAMI, Taisuke MATSUSHITA, and Yutaka SATO: "Development of Muscle Suit for Upper Body - Realization of Abduction Motion - ", Advanced Robotics, vol.18 No.5, pp..497-513, (2004).
原 文雄,小林 宏: "顔という知能―顔ロボットによる「人工感情」の創発―",(ISBN4-320-12104-X), 共立出版,(2004).
H.Kobayashi, Taichi Shiiban and Yujiro Ishida: "Realization of All 7 Motions for the Upper Limb by a Muscle Suit", Journal of Robotics and Mechatronics,vol.16 No.5, pp.504-512, (2004)
小林宏,椎葉太一, 小西健太郎: "食事支援ロボットシステムの開発と定量的評価 ",
日本機械学会論文集, C編 70巻 699号, pp.3252-3259 (2004-11)
小林宏,椎葉太一, 古川清一,加藤良樹,菊池耕生: "TOPOLOGICALな情報による飛行船型ロボットの屋内ナビゲーション ", 日本機械学会論文集, C編 70巻 700号, pp. 3501-3508(2004-12)

 

Oral Presentation in Japanese:口頭発表
奥野 太嗣、藤原 誠、道免 和久、小林 宏、畠中 輝昭、宮越 浩一、玉置 由子、後藤 健: "マッスルスーツの臨床応用のための予備的検討",第41回日本リハビリテーション医学会学術集会 抄録集,VOL.41 SUPPL 2004、pp.S403(2004-6/5)
小林 宏、小西 健太郎、菊池 耕生: "食事支援ロボットシステムの開発と定量的評価",日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会'04 講演論文集,1A1-H-50(1)-50(4),2004.6.18-20
橋本 卓弥、千田 大、山崎 洋一、椎葉 太一、小林 宏: "顔ロボットを用いたインタラクティブ受付システムの開発",日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会'04 講演論文集,2A1-H-45(1)-45(3),2004.6.18-20
来海 拓哉、村田 剛、武士田 直毅、菊池 耕生、小林 宏: "2 自由度振動系移動体による高速階段昇降に関する研究",日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会'04 講演論文集,2A1-L1-75(1)-(2),2004.6.18-20
小林 宏、真鍋 健太郎、椎葉 太一: "空気圧アクチュエータを用いたマスタ・スレーブシステムの開発,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会'04 講演論文集,2P1-L1-55(1)-(4),2004.6.18-20
小林 宏、椎葉 太一、石田 雄二郎、内村 明高、佐藤 裕、平松 万明、小波 信、松下 泰介: "マッスルスーツの開発(上肢7動作の実現),日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会'04 講演論文集,2P2-H-58(1)-(3),2004.6.18-20
小林 宏、古川 清一、椎葉 太一、加藤 良樹: "飛行船ロボットの屋内ナビゲーションに関する研究,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会'04 講演論文集,2P2-L1-63(1)-(4),2004.6.18-20
Takuya HASHIMOTO, Masaru SENDA, Taichi SHIIBA, Hiroshi KOBAYASHI: "Development of Interactive Receptionist System by Face Robot, SICE Annual Conference 2004 in Sapporo, pp.1404-1408, August 4-6, 2004.
道脇 幸博、斎藤 真由、斎藤 浩人、小林 宏: "嚥下時の舌運動を再現したロボットの試作,日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術大会 プログラム・抄録集,U‐3‐4,p.169,2004.9.10-11
橋本 卓弥、千田 大、 小林 宏: "顔ロボットを用いたインタラクティブ受付システムの開発:うなづきの効果,日本ロボット学会 第22回学術講演会'04 講演概要集,1E34,p.122,2004.9.15-17
港 淳、 小林 宏: "嚥下のメカニズム解明と嚥下ロボットの開発,日本ロボット学会 第22回学術講演会'04 講演概要集,3H21,p.232,2004.9.15-17
鈴木 秀俊、 小林 宏: "マッスルスーツによる上肢全7動作の実現,日本ロボット学会 第22回学術講演会'04 講演概要集,3K11,p.205,2004.9.15-17
鈴木 秀俊,小林 宏: " マッスルスーツの開発 ",
ヒューマンインタフェースシンポジウム2004論文集, pp. 847-850 (2004-10)
橋本 卓弥,千田 大, 小林 宏: "顔ロボットを用いたインタラクティブ受付システムの開発 ",
ヒューマンインタフェースシンポジウム2004論文集, pp. 485-490 (2004-10)
小林 宏,貴志 和生: "画像解析による皮膚組織の定量的分類,第13回日本形成外科学会基礎学術集会 プログラム・抄録集,p.96,2004.10.21-22
小林宏,加藤良樹, 小関光弘: "新しい差動歯車装置の提案 ",
MTP 2004 シンポジウム<伝動装置>講演論文集, pp.92-93 (2004-11)
宗宮圭佑,金井勝哉,菊池耕生,高学山,小林宏: "進化ロボットシステムにおける機能発現のメカニズムに関する研究-対 称性発現のメカニズムに関する研究", 第10回ロボティックシンポジア, pp.417-422,(2005-03)

 

Magazine:雑誌
小林 宏,TOPOLOGICALな情報による飛行船型ロボットの屋内ナビゲーション,ブイヤント航空 2004 Vol.32, No.1,pp.52-55
小林 宏,ロボットによるリアルな表情表出の実現,日本機械学会誌 2004.12 Vol.107, No.1033,pp.46-47

 

Exhivition:展示会
2004年4月7日(水)−7月23日(金) TEPIA(機械産業記念館)1階において 「TEPIA第16回展示「ロボットと近未来ホーム〜日本を元気にする新技術〜」PARTV」  マッスルスーツ を出展。
2004年6月3日(木)−5日(土) 京王プラザホテル(新館)において 「第41回日本リハビリテーション医学会学術集会」  マッスルスーツ を出展。
2004年7月14日(水)−16日(金) 東京ビッグサイトにおいて 「国際モダンホスピタルショウ2004」 の鞄立メディコのブース  マッスルスーツ を出展。
2004年8月3日(火)−8日(日) 東京ビッグサイトにおいて 「か・ら・だ博〜みえる、わかる、家族の健康〜」の鞄立製作所のブース  マッスルスーツ を出展。
2004年9月28日(火)−30日(木) 東京国際フォーラムにおいて 「イノベーション・ジャパン」  マッスルスーツ、顔ロボット、Full Time 2WD バイク & 自転車 を出展。
2004年10月13日(水)-15日(金) 3日間 東京ビッグサイト 東展示ホールにおいて 「第31回国際福祉機器展H.C.R.2004 」の日立福祉システムグループのブース  マッスルスーツ を出展。
2004年11月2日(火)−7日(日) 千葉市・幕張幕張メッセ<日本コンベンションセンター>において 「第38回東京モーターショー-働くくるまと福祉車両-(2004)」  マッスルスーツ、Full Time 4WD 電動車椅子 を出展。