lnternational Conference

T. Ito, E. Yoshida, K. Ayusawa, and H. Kobayashi, “Stationary torque replacement for evaluation of active assistive devices using humanoid”, Proc. of IEEE-RAS Int. Conf. on Humanoid Robots, 11 2016, pp. 739.744.

 

Award:受賞・受給

 日本ロボット学会 フェロー 

 

Journal & Book

Yutaka Murakami, Yuko Ohno, Kosei Adachi, Nobuhiro Ogasawara, Hiroshi Kobayashi,“Evaluating the clinical applicability of a wearable lift assist device from a nursing perspective”,Journal of Nursing Science and Engineering,Vol.3,No.2, pp.101-108, 2016.

小林宏,“小児リハビリテーションへのロボット技術の応用”,リハビリテーション医学(The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine),Vol.53,No.5, pp.385-391, 2016.

村松慶紀,所 晃史,小林 宏,“マッスルスーツの開発と評価(表面筋電図を用いた補助動作の評価) ”,日本機械学会論文集,Vol. 83 (2017) No. 847 p. 16-00078

 

Oral Presentation in Japanese:口頭発表

小林宏,佐藤慧一,“装着型腕保持装置の開発と評価”,ロボティクス・メカトロニクス講演会2016 講演概要集,2A1-13b2,2016.6.8-11 (横浜).

煖エ夏樹,小林宏,森下光,“外部からの空気供給を必要としない腰補助用マッスルスーツの開発”,ロボティクス・メカトロニクス講演会2016 講演概要集,1P1-14a5,2016.6.8-11 (横浜).

小林宏,菅田昌宏,小川貴文,吉田哲,“ウェアラブルパワーアシスト装置の建設作業への適用”,第16回建設ロボットシンポジウム,O2-5,2016.9.1-2 (中央大学).

杉村 直哉,小林宏,“搭乗型受動免荷装置の開発”,第22回ロボティックシンポジア,1B3,pp.34-39, 2017.3.15-16 .

 

Magazine:雑誌・解説

小林宏,“着用型筋力補助装置「マッスルスーツ(R)」”,エレクトロニクス実装学会誌,Vol.19,No.6, pp.384-388, 2016.

小林宏,“「マッスルスーツ(R)」の開発経緯と技術概要”,製材機械技術学会誌,Vol.25,No.3, pp.31-36, 2016.

小林宏,“空気圧ゴムアクチュエータを用いたマッスルスーツ(R),ソフトアクチュエータの材料・構成・応用技術(S&T出版),pp.260-266, 2016.

小林宏,“リレー解説 ≪第7回≫介護アシスト機器(アシストスーツ)”, 計測と制御, Vol.56, No.1, pp.44-48, 2017.

小林宏,“総説 マッスルスーツ(R)の開発と展開”, Geriatric Medicine(老年医学), Vol.55, 3, pp.243-246, 2017.