ASCII24.comASCII24.com

|
ニュース
|
製品レビュー
|
ビジネス
|
携帯
|
アキバ
|
Linux
|
用語
|
Broadband
|  |
アスキー25周年
|
  ASCII24 > ニュース > トピックス 1 1 1
記事/用語/ID検索 


分野別ニュース一覧



Contact Information

Printable Version ニュース / トピックス

【RoboCup 2002 Vol.5】純白のヒューマノイド ― 北野共生システムプロジェクト『morph 3』/横2輪なのに安定動作する、三洋電機のロボット ほか

ROBOTRX 2002


2002年6月23日

北野共生システムプロジェクト『morph 3』

北野システムプロジェクトの『morph 3』は、工業デザイナーの山中俊治氏が開発に参加した。取材中は特に展示されていたわけではなかったmorph 3だが、ここでは偶然撮影できた写真をご紹介する。とにかく美しいそのフォルムをご覧いただきたい。morphシリーズは、昨年10月に、村田製作所のデモンストレーションで自由度の高い動きが話題になったヒューマノイドだ。その際には直線的なデザインを持っていたが、今回の『morph 3』は純白で丸みをおびたデザイン。残念ながら動くところは見られなかったが、昨年同様、注目が集まることだろう。

北野共生システムプロジェクト01
北野共生システムプロジェクトの『morph 3』が、足を折ってしゃがんでいる姿。ジェラルミン製の骨格を持ち、大小2種類のモーターモジュールが全身24箇所に配置されている。メインCPUは胸部に置かれ、身体の各部に配置された“サテライトCPU”と体内ネットワークを構築している。また腕や足の外側を覆う樹脂製シェルは、単に身体の保護を行なうだけではなく、感圧センサーを実装。こうした、機能を持った外装を“機能性外装=タクタイルセンシングシェル”というのだそうだ。
北野共生システムプロジェクト02
morph 3正面。腕には手のひらも指もないが、これは収納されているから見えないだけ。折り畳みナイフのような溝が腕に入っているのがお分かりだろうか? モノを掴む場合は、この溝から指が出てくる。

三洋電機の横2輪なのに倒れないロボット

三洋電機01
三洋電機の倒立型移動ロボット『FLATHRU』。頭の上に水を入れたコップを置き、坂道を移動する。頭は常に水平に保たれているので、水がこぼれることはない。
三洋電機02
これが頭を水平に保つヒミツで、ロボットの足元を横から見た写真。中央の黄色いタイヤが左右に付いており、最大32台のモーター制御を行えるロボットコントローラによって、左右2輪のみで倒れないようにバランスを制御している。前後に補助輪が付いているが、動作中は地面に触れることがなかった

お金があれば買える!! 富士通の研究用小型ヒューマノイドロボット

富士通
富士通の研究用小型ヒューマノイドロボット『HOAP-1』。研究用として販売されているものだが、デモンストレーションでは学習型プログラムを搭載し、1歳児相当の歩行から段階的に進歩していくもようを紹介していた。最終的には、スキップができるレベルまで進化するという。発表されたのは昨年9月だ。
富士通02
HOAP-1の素体(?)。1台欲しい。価格はオープンだが、車1台は楽に買えてしまう値段のようだ。
富士通03
富士通の“繋がるロボット”のデモンストレーション。ディスプレイ中央の電子ドラムや、ジョイスティックの動きに対応して、テーブル上の玩具やロボット達が動作する。中央のノートパソコンが電子ドラムのMIDI信号やジョイスティックからの信号を受け取って各玩具やロボットに振り分ける。単なるオン・オフであればパソコンは不要だが、実はパソコンの中にはそれぞれのロボットに関するデータテーブルが入っており、入力された信号に対応してロボットの動作を変化させる仕組みだ。

進化したテムザック/コミュニケーションロボット/人の動きをトレースするマスタースレーブシステムなど

テムザック
(株)テムザックの『番竜』(左)と『テムザックTIS-Type2』(右)。番竜は、次世代携帯電話と、三洋電機の音声認識ボードの組み合わせによって、遠隔地からの操作が可能なほか、番竜が見た映像を、携帯電話からモニタすることができる。また、番竜のセンサー情報は、オムロンの“M2M”システムによって、遠隔地のメインフレームで処理される。
ROBOVIE
ATRメディア情報科学研究所・和歌山大学のコミュニケーションロボット『Robovie II』。「遊ぼうヨー」などと発言し、見学の子供達に囲まれていた。
東京理科大工学部
東京理科大工学部 小林研究室の『マスタースレーブシステム』。写真右側で、人形が装着している“マスターアーム”からの指令を、左側、銀色の箱から伸びている“スレーブアーム”が受け取り、動きをトレースする。マスターシステム側では、バネ機構を用いたフォースフィードバック機能も備える。
東京理科大学SAYA01
東京理科大学の表情表出ロボット『SAYA』。
東京理科大学SAYA02
SAYAの実物。スライドと同じく嫌悪の表情の写真で申し訳ない。パンフレットなどで確認すると、本当は美人だ。
東京理科大学saya
ブース内でメンテナンス中のSAYA。
のぞみ01
中西電機工業のN-ROBO3『のぞみ』。車椅子牽引人型ロボット。一般車用バッテリを動力源にする。センサーによる周囲の安全確認を行なうほか、40種の言葉を音声発生する。
のぞみ02
『のぞみ』の背面。会場では、コントローラにより前後左右に動くほか、くるくると手を動かせるようになっていた。

(月刊アスキー編集部 吉川大郎)




ASCII24メール
無料登録受付中!
登録/変更はこちらから
おかげさまでアスキーは25周年
ASCII25.com
最新ニュース
小学館、モーショングラビア技術を採用した吉岡美穂のDVDを発売(2002年6月24日)
カシオ、シャッターのタイムラグが0.01秒の400万画素デジカメ『QV-R4』を発売(2002年6月24日)
シャープ、Linux搭載の新ザウルスを発表――MI-Eシリーズとは異なる新コンセプトPDA(2002年6月24日)
米MSのバルマーCEOが東大で講演──「今後10年のIT革新は過去の10年よりも大きい」(2002年6月24日)
ソニックブルー、20GBのHDD内蔵の携帯オーディオプレーヤー『RioRiot』を発売(2002年6月24日)
アイ・オー、PDA用のCF型グラフィックスカードやスマートメディア用PCカードアダプターを発売(2002年6月24日)
EC研究会、“第27回デジ研フォーラム”を開催――中国の現況、古書の通販、100円ソフトを紹介(2002年6月24日)
NTT東日本、Bフレッツに26GHz帯無線アクセスを組み合わせた“FWAタイプ”を追加(2002年6月24日)
ハギワラシスコム、USB接続のBluetoothインターフェース『Bluetooth USB Stick』を発売(2002年6月24日)
アマデウス、旅行業務支援システム『Vista』日本語版を発表(2002年6月24日)
ユビキタスコンピューティングの基盤開発で“T-Engineフォーラム”が結成(2002年6月24日)
プロトン、MP3変換/編集ソフト『MAGIX MP3!』を発売(2002年6月24日)
クリエイティブメディア、サウンドカード『Sound Blaster PCI 5.1』の発売を中止(2002年6月24日)
リュウド、携帯電話のスケジュール同期ソフトをサイボウズ AGと504i対応に(2002年6月24日)
富士通、身体障害者・高齢者も対象とした“富士通ウェブ・アクセシビリティ指針”を策定(2002年6月24日)

今週の特集
Sun ONE vs. .NET――最新ウェブサービスを再確認!!
ASCII24今週のアンケート第78回「コンピューター関連資格について」――今週のプレゼントはPentium 4ストラップ&図書券
ブロードバンド関連の情報をまとめてお届け!! 接続サービスからハードウェア、コンテンツ/サービスまで
ASCII24今週のアンケート第77回「PC自作について」――今週のプレゼントはPentium 4キーホルダー&図書券

コラム
e-businessシステムの根底を支える“MSP―Management Service Provider”とは?[今週のキーワード]
“Banias”は最悪のシナリオに対応するための第2計画だ![塩田紳二のMission:MIA]
必ずしも順調とは言いがたいIntelのプロセッサー事業[元麻布春男のソリッド・ステート・サバイバー]
Mac OS Xのターゲット[柴田文彦のOS包囲網]
“G4 Cube問題”と“良い会社”[塩田紳二のMicrosoft Espresso]
Timnaはなぜ消えたか[塩田紳二のIntel Espresso]


ポケットアスキー
iモードで、ASCII24のニュースとデジタル用語辞典が使える!
ただいま無料公開中!

Copyright (C) 1997-2002 ASCII Corporation. All Rights Reserved.
No portion of this web site may be reproduced or duplicated without the express written permission of ASCII Corporation.
This web site is written in Japanese only.
記事に関するご意見やご質問は、お問い合わせフォームにてお送りください